消費者金融の裏側を知る 年収3分の1以上の借入が可能な総量規制の例外規定 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 年収3分の1以上の借入が可能な総量規制の例外規定

年収3分の1以上の借入が可能な総量規制の例外規定

年収の3分の1以上の借入は不可能ではない

2010年の賃金業法改正で定められた総量規制により、原則年収の3分の1以上の借入が不可能となりました。

そのため、主婦や学生、年金受給者は賃金業法が適応される、消費者金融や信販会社でキャッシングをすることが難しい時代となりました。

しかし、この賃金業法は銀行系ローン、事業者向けローンには適応されないため、年収による融資限度額がネックとなる方には、個人向けのローンでは銀行を、事業者は大口融資可能で低金利の事業者向けローンをそれぞれオススメしています。

総量規制の例外規定

実は、総量規制の対象外は銀行系ローンや事業者向けローンだけではありません。
総量規制対象のキャッシングサービスでも、例外の規定があるので、ご紹介します。
自分の借り入れを見直してみると、意外と当てはまることもありそうですよね。

・顧客に一方的に有利となる借り換え
・緊急の医療費の貸付
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を払うための資金の貸付
・配偶者とあわせた年収の3分の1以下の貸付
・預金取扱期間からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に関わる貸付

総量規制対象外なら銀行系ローン新生銀行レイク

銀行系のキャッシングサービスが総量規制の対象外であることは、周知の事実かと思いますが、銀行系ローンの中でも特にオススメなのが、消費者金融のレイクが新生銀行に事業場としたことで生まれた新生銀行レイク!

消費者金融と銀行ローンの良い所ドリの圧倒的なサービス力が魅力です。銀行ローンは融資までに時間がかかりそうですが、新生銀行レイクなら消費者金融の特色である、即日融資も場合によっては可能です。また、無利息期間サービスも充実しています。借入後30日間、もしくは5万円以下の借入で180日間無利息の設定はレイクだけではないでしょうか?

融資は最大300万円、年率9.0%から可能ですが、短期間や少額のキャッシングにもオススメです。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.