消費者金融の裏側を知る 何をするとブラックリストに載るか? ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 何をするとブラックリストに載るか?

何をするとブラックリストに載るか?

ブラックリストはある?ない?

ブラックリストと言うと、黒いノートのようなものには、たくさんの個人情報が書かれていて、それに名前を書かれると、大変なことになる!という、マンガのようなことを想像してしまいますが、実際にはそんなノートはありません。

しかし、実際にはブラックリストは存在しています。

言っていることが矛盾しているようですが、ブラックリストと呼ばれるノートはなくとも、情報は存在しているのです。

多くの金融情報サイトで「ブラックリストはない」と、書かれているのは、「怪しげなノートのようなものはない」という意味で書かれているので、真に受けないようにしましょう。

一般的にブラックリストと言われているのは、信用情報機関に載る事故情報のことです。

日本には数件、金融や信販の信用情報を取り扱っている機関があります。クレジットカード会社や携帯電話の割賦、キャッシングなどの申し込みを受けると、消費者金融や銀行、信販会社は申込者の事故情報を信用情報に問い合わせをして参照し、融資を行っても大丈夫かどうかを審査しているので、この信用情報機関に何らかの事故情報が書いてあると、キャッシングや融資、ローンを契約する際に影響が出るのです。

そのため、「ブラックリスト(信用情報機関)に(事故情報が)載るとヤバイ(審査に影響がある)」という意味になります。

どんなことをすると、ブラックリストになるのか?

では、どのようなことをするとブラックリストに名前が載ってしまうのでしょうか。

ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことです。事故情報とは、延滞、未払い、債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)のことを意味しています。

貸し手の立場で考えると、延滞、未払い、債権整理をするような方は「お金を返してくれない」と、判断されるので、要注意人物として他の金融機関にも知らせるということになるのです。

ちなみに、事故情報は一度登録されると最長5年間記録されます。

また、キャッシングだけではなく、クレジットカードの支払いや携帯の分割払いでの事故も登録されるので、これらの利用で延滞、未払いなどがある方は他のサービスを利用する際に何らかの影響があるかもしれません。注意しましょう。

延滞しちゃった、どうしよう…

延滞、未払い、債務整理をした人がブラックリストになるということですが、1、2日の延滞はしてしまう人が多いようです。振込を忘れてしまったり、口座引落にしていても、残高不足で引落できなかったりと、理由は様々です。

このように、うっかり延滞をしてしまったことがある方は、「自分はブラックリストなのでは?」と、心配になっている方もいるのではないでしょうか?

信用情報機関へのブラックリスト(事故情報)の登録基準は各消費者金融や銀行に任せられています。そのため、うっかり払い忘れても、すぐに誠意を持って返済すればブラックリストに書かれることは少ないようです。消費者金融も鬼ではありませんので、きちんと対応すると理解してくれるそうです。

ただし、何度も繰り返したり、対応が悪かったりすると、ブラックリスト入りすることは大いにあります。全てが会社による判断に任せられているので、日ごろからきちんと返済することが求められています。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.