消費者金融の裏側を知る 日本政策金融公庫について ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 日本政策金融公庫について

日本政策金融公庫について

日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫は、100%政府出資の政府系金融機関です。

消費者金融や信販会社などの民間企業が利潤を追求して融資を行うのに対し、公的な金融機関である日本政策金融公庫では、経済の発展や国民生活の向上を目的として融資を行うため、国の政策に則った低金利、固定金利、長期などの融資制度を多数用意しています。

また、政府系の金融機関ということで、安心感や世間体も良好な点がポイントです。

しかし、消費者金融などが提供する事業者向けローンが無担保で保証人が不要であることに対し、日本政策金融公庫が提供する事業者向けローンでは担保が必要な場合があり、保証人は原則必要となっています。

さらに、融資の利用制限や条件などが細かく設定されているので、すばやくカンタンな融資を希望される方には不向きと考えられます。

自分の使用目的や返済計画に応じて、民間ローンか日本政策金融公庫のローンかを選ぶと良いでしょう。

日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫が提供する融資制度は大きく分けて「国民生活事業」「中小企業事業」「農林水産事業」の3つに分けられます。

中でも、民間の事業者向け無担保ローンと比較検討したい方は「国民生活事業」の中の制度を利用する方が多いと思いますので、ここでは「国民生活事業」でのローン制度について説明します。

国民生活事業とは、小規模企業向けの小口資金や新規開業資金、教育ローンなどの融資制度を取り扱っている、日本政策金融公庫の一部門です。

ちなみに、「中小企業事業」は個人事業主の方向けのものはなく、既に事業を行っている方向けのプランが中心になっていて、条件もより細かく設定されています。

事業資金融資

中小企業を営む方向けの融資制度です。さらに、この中にも様々なプランがありますが、中でも普通貸付は、金融業、投機的事業、一部の遊興娯楽業以外のほとんどの業種の方が利用できる幅広い融資制度です。

融資は運転資金、設備資金を合わせて最大で4800万円、年利は1.45%~の低金利設定になっています。

無担保無保証人での契約も相談次第では可能になっていますので、大口&長期での融資を希望する方にはオススメの融資制度です。

新規開業ローン

新たに起業するため、融資が必要な方向けの制度です。新規開業者向けのローンも条件や内容が様々用意されていますが、中でも新規開業資金(新企業育成貸付)は、事業をこれから始める方だけではなく、事業開始後5年以内の方など、多くの方が利用できる融資制度です。

融資は運転資金、設備資金を合わせて最大で7200万円、年利は0.05%~の低金利設定になっています。利率は事業内容や設備などによって大きく異なりますが、何かと資金が必要な企業には嬉しい低金利ですよね。

こちらも、無担保無保証人での契約も相談次第では可能になっていますので、大口&長期での融資を希望する方にはオススメの融資制度です。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.