消費者金融の裏側を知る 事業者ローンの審査 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 事業者ローンの審査

事業者ローンの審査

審査の大原則は個人向けと同じ

個人向けキャッシングサービスの審査は基本的には「きちんと返済ができるか?」という原則の下、行われています。もちろん、事業者向けローンの審査でも、最も重要視されることに変わりはありません。消費者金融は利潤を追求する民間の企業なので、返済がきちんと行われず、貸したお金が返ってこないと、大損害になってしまいます。

そのため、この「きちんと返済できるか?」という視点で全ての審査が行われているのです。

事業者向けのローンというと、事業の社会的意義や事業内容で融資されるとイメージされがちですが、消費者金融や信販会社などの事業者向けローンではあまり重視されないようです。
それよりも、個人と同じように「きちんと返済できるか?」という点で審査されるので、きちんとした返済計画があれば、そんなに気構える必要はありません。

必要書類と確認ポイントをチェック

個人向けローンと事業者向けローンの審査は、基本原則は変わらないものの、審査の際に提出する書類や、審査項目は大きく異なります。

事業者には当たり前に必要になる用語や書類ですが、知らないと難しく思えますので、個人向けローンとの違いを簡単にまとめました。

ちなみに、どちらでも身分証明書(運転免許証、健康保険証など)と印鑑は必要になります。

個人向けローン

総量規制対象のキャッシングサービスでは、原則年収の3分の1以上の貸出は不可のため、年収をベースに融資の可否、融資額の算出などが行われます。

そのため、大口融資では年収が分かる給与明細や源泉徴収が必要になる場合があります。

事業者向けローン

総量規制対象外のローンサービスですが、事業での売上、利益、キャッシュフローなどを審査し、融資額を算出しています。そのため、売上などが分かる決算書や確定申告書などが審査に必要な書類となっています。また、これらの書類は審査の際には事業を行っている証明としても必要になります。

用意に時間がかかるものなので、あらかじめ用意しておきましょう。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.