消費者金融の裏側を知る 事故情報と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 事故情報と審査の関係

事故情報と審査の関係

事故情報があると借りられない!

キャッシングの審査における大原則「返済能力があるか?」という点から考えて、事故情報がある人の審査を通すことはほぼ不可能です。

事故情報は、キャッシングやローンサービスを提供する金融業界向けに個人の信用情報を管理している情報機関に登録されています。

この情報機関には、個人のキャッシングやローンの利用履歴などが記録されていますが、返済の延滞や未払い、債務整理なども記録されています。これが一般的に事故情報と呼ばれているものです。債務整理(自己破産、個人再生、任意整理)や返済の延滞や未払いなどの事故情報は、一度登録されると最低5年間は記録が残り続けます。

つまり、以前キャッシングなどで返済の延滞や未払い、債務整理をしたことがある人は、消費者金融に返済能力がないと見なされるということです。

本人が一番わかっていると思いますが、事故情報がある場合は借りないほうが良いということですね。

返済が遅れると即事故扱いになるのか?

事故情報には返済の延滞や未払いも含まれると記載されていたため、「私の信用情報も事故扱いになっているかも…」「自分は大丈夫だろうか?」と、不安に思う方もいると思いますが、数日の延滞はよくあることようです。

消費者金融も鬼ではありませんので、延滞や未払いは程度により、事故情報として情報機関に登録しています。つまり、全ての延滞や未払いが事故情報になるわけではないということです。

どの程度の延滞や未払いなら大丈夫かということは、キャッシング会社によるので一概には言えません。

しかし、うっかり払い忘れてしまっても、きちんと連絡をし、誠意のある対応をして、同じことを繰り返さないようにすると、情報機関に登録されることはないようです。

つまり、故意の延滞や未払いや、連絡もせずに、横柄な態度で、何度も同じことを繰り返すと情報機関に登録されてしまうということです。

ちなみに返済の延滞や未払いでも、事故情報として登録されてしまうと、審査を通ることはないそうですので、ルールをきちんと守り、日ごろから誠意ある対応を心がけましょう。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.