消費者金融の裏側を知る 家族構成と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 家族構成と審査の関係

家族構成と審査の関係

家族構成って、審査に影響するの?

ほとんどのキャッシングの審査項目に家族構成を記入する欄がありますが、「自分がキャッシングをするのに、家族になにか連絡があったり、なにか影響があったりするのかも?」と、勘ぐって、書かなかったり、嘘を書いたりしてはいけません。

返済能力を判断するためのものなので、書いたからといって家族にキャッシングが知られるようなことがあったり、家族に返済を迫ったりすることは絶対にありませんので、ご安心ください。

なぜ、家族構成が返済能力に関係するのかというと、居住形態や年数と同様に、返済が滞った際、引っ越したり、姿を消したりしやすいかどうかを判断するためです。

同居の家族がいると一家全員で引っ越しをする必要があるので、一人暮らしよりは逃げる可能性が低いと判断されるそうです。

審査の方法

では、この項目でどのような審査が行なわれ、採点されるのでしょうか?
一番評価が高いのは家族と同居している場合です。前述の通り、一家全員で引っ越しするのはなかなか困難だと考えられるためです。しかも、持ち家に住んでいるとますます引っ越しは難しくなると考えられるようです。もちろん、家族以外でも同居している人がいると、良いようです。

しかし、都心部では単身世帯がかなり多いことを踏まえて、消費者金融もこの項目に関しては大きな減点は行なっていないようです。一人暮らしだからといって、減点の対象になることは最近では少なくなっているようなので、安心して良いでしょう。

原則として一人暮らしより二人暮らし、二人暮らしより家族と同居が有利であることは事実ですが、家族構成も他の項目と同じように、居住形態や年数などと合わせて採点されることが多いようなので、あまり気にする必要はありません。

あまり重視されないからといって、空欄で書いたり、嘘を書いたりすることだけは絶対に辞めましょう。書きづらい項目ですが、おろそかにしてはいけません。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.