消費者金融の裏側を知る 居住形態・年数と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 居住形態・年数と審査の関係

居住形態・年数と審査の関係

居住形態・年数と審査の重要な関係

意外に見落としがちな項目に居住形態、居住年数があります。一見、融資と関係なさそうに思えても、適当に書いてはいけません。意外と重要な項目なのです。

なぜ、居住形態や年数が審査に影響するのかというと、持ち家だと引越ししにくいからと言われています。

「返済能力があるか?」という審査の原則から考えると、もし返済が困難になったときに勝手に引っ越したり、姿を消したりして、回収が不可能になることは、消費者金融はなんとしても避けたいのです。実際、賃貸で引っ越しやすい状況にあると、回収のリスクが高くなるそうです。

借り手には重要に思えなくても、貸し手である消費者金融には重要な項目なので、適当に書いたり、空欄で出したりすることはやめましょう。

どんな居住形態で何年くらい住んでいると良いのか?

一戸建てでもマンションでも、持ち家が一番良いのは明らかですが、他にはどのような居住形態や居住年数が良いのでしょうか。

持ち家の次に安定していると考えられているのが、賃貸でも5年以上同じ所に住んでいる場合です。同じところに長く住んでいるのは、なんらかの良い理由(住環境が気に入っている、利便性が高いなど)があるので、今後も同じところに住み続けるであろうと予想されるためです。この場合は、持ち家ほどではありませんが、それなりの評価を得ることが出来るでしょう。

逆に、賃貸でも2年未満の場合は注意が必要です。一度でも賃貸に住んだことがある人にはわかると思いますが、意外と引っ越したくなってしまうのが賃貸なのです。そのため、「また、引っ越しをしてしまうのではないか?」と、消費者金融が不安に思うのも仕方がありません。同様に、住み込みで勤務している場合は賃貸2年と同じような扱いになりますが、実際には神経質になるほど原点されるほどの問題ではないようです。

ちなみに、居候、住所不定などの自分の住所がハッキリしない場合は連絡がつかない上、返済が滞った際の回収リスクが非常に高くなってしまうので、言語道断で審査は通りません。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.