消費者金融の裏側を知る 健康保険と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 健康保険と審査の関係

健康保険と審査の関係

健康保険証が審査で有利になる?

消費者金融などに融資を申し込む場合、身分証明書が必要になるところがほとんどです。クレジットカードを作るときも、携帯電話を契約するときにも身分証明書を提出するので、不思議に思う人はあまりいないと思います。

一般的に身分証明書と言えば、運転免許証やパスポートなどを思い浮かべる方が多いと思います。もちろん、このような身分証明書も利用できますが、キャッシングやローンの審査の時には、運転免許証やパスポートよりも健康保険証を持っていったほうが良い場合があります。

健康保険証には写真が付いていないので、運転免許証よりも身分証明書としての格が低いように思えますが、一体どのような効果が健康保険証にあるのでしょうか?

健康保険の種別が審査の重要な関係

「返済がキチンとできるか?」という基準が審査の大原則であり、安定した職業と収入であればあるほど、審査に通りやすいということは、もう十分すぎるほど繰り返してきましたが、それを健康保険証が証明してくれる場合があるのです。

健康保険証にあって、運転免許証にないもの…それは職業、勤め先の記載です。
健康保険は、その人の雇用によって加入するものが異なります。一般的に、公務員は共済年金、正社員は厚生年金、派遣社員は協会けんぽ、それ以外は国民健康保険に加入しています。

職業を審査する際、勤め先が大手で名前が知られた企業なら安定性が分かりやすいのですが、会社の規模も大小あり、名前だけではどのような会社なのか、わからないことがほとんどです。

零細企業では厚生年金に加入していないところも多いため、加入している保険が勤務先の信頼度を表していると判断されるようです。

つまり、勤務先の加入保険が明確な健康保険証で、審査を有利にすることが可能になるのです。

共済年金、厚生年金なら健康保険証を用意しよう

キャッシングの審査における健康保険の格付けは、共済>厚生年金>協会けんぽ>国保と、いう順番になっています。

勤務先や収入の安定性をアピールしたいなら、共済年金、厚生年金加入者は健康保険証を持っていくと良いでしょう。それ以外の健康保険に加入している場合は、運転免許証やパスポートなど他のものでもあまり変わらないか、場合によっては減点されることもあるので、注意が必要です。

ただし、健康保険証だけが原因で融資を断られることはまずありませんので、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を持っていない場合は健康保険証でも問題はありません。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.