消費者金融の裏側を知る 勤続年数と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 勤続年数と審査の関係

勤続年数と審査の関係

勤続年数と審査の重要な関係

年収や勤務先が返済能力に直結するため、審査に大きな影響を及ぼすことは比較的分かりやすいと思いますが、審査項目には職業・勤務先・雇用形態に加えて“勤続年数”を記入する項目があります。これは、どういう目的で審査されるのかと言うと、一般的に勤続年数が長いと仕事をやめにくいと考えられているからです。

勤務先の企業がいくら大手で安定していようと、公務員で終身雇用であろうと、融資を受けた次の日に退職してしまっては、収入が安定しているとは言えなくなってしまいます。

キャッシングの審査は「返済能力があるのか?」という基準で、融資の可否をきめているので、会社をすぐに辞めて収入がなくなり、返済が滞ってしまうような人に融資をしてしまい、回収できないと、消費者金融は困るのです。

そのため、一般的に勤続年数が短いと「またすぐに仕事辞めて収入がなくなるのでは?」と思われ、減点の対象になることがほとんどです。

特に、転職を繰り返している人は要注意。社会人歴がいくら長くても、転職が多いと必然的に1社での勤続年数が短くなりますので、「安定した収入を確保し、返済できるか」という点で評価が下がってしまいます。

勤続年数の評価方法

勤務年数の評価基準も会社によって異なるので、一概には言えませんが、一般的に5年以上同じところで勤務していると減点の対象から外れるようです。特に勤続1年未満や、転職回数が多い人は減点されてしまいますので、注意してください。ちなみに、審査の採点方法は主に減点方式のところが多いので、どんなに長く勤務していても、プラス評価になることはありません。

勤続年数が短い、転職回数が多いため審査に不安がある方は、審査に勤続年数があまり影響しない、若年層向けカードや学生カードへの入会を検討してみると良いでしょう。

特別、審査が甘いというわけではありませんが、年齢を考慮したカードのため、勤務年数を審査してくれることが多いようです。ただし、年齢制限を設けているところがほとんどなので、申込前にチェックしておきましょう。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.