消費者金融の裏側を知る 職業・勤務先・雇用形態と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 職業・勤務先・雇用形態と審査の関係

職業・勤務先・雇用形態と審査の関係

正社員じゃなくても大丈夫

職業や勤務先、雇用形態を記入する欄は、キャッシングやローンを申し込む際に一番気になる項目かもしれません。特に、契約社員や自営業者の方は不安に思うことでしょう。

キャッシングの審査の際に職業を調べる主な理由は、やはり収入の安定性です。なぜなら、収入の大小、有無、安定性が返済に直結するため、消費者金融としては一番知りたいところなのです。そのため、解雇されることがほとんど稀で、毎月決まった収入が正社員、公務員は有利、解雇や雇い止め、収入に波がある契約社員、派遣社員、自営業者が不利になってしまうことは事実です。

しかし、収入や雇用が不安定な職業であることだけを理由に貸付不可とされることはほとんどないということも知って欲しいのです。

職業や勤務先、雇用形態における基準は消費者金融や銀行、信販会社ごとに異なるため、一概には言えませんが、入会の申込はほとんどの消費者金融で受け付けていますので、たとえ収入が不安定でもあきらめないで欲しいと思います。

審査方法

会社によってそれぞれ異なる職業や勤務先、雇用形態の審査基準ですが、一般的には職業や業種ごとにA、B、C、Dというように、格付けがされているそうです。
その中で独自のルールによって、減点方式で採点、もしくは一定の減点係数を乗じて審査をしています。全うな仕事で、いきなり0点になる業種はほとんどないので、安心して良いでしょう。

そして、在籍の真偽を確認するために、勤務先に確認を行なうことが一般的です。もちろん、キャッシングの申込は勤務先に知られたくない方がほとんどなので、消費者金融の名前は伏せて個人名で確認をしています。そのため、プライバシーが侵害される心配はほぼないといっていいでしょう。

信頼される職業・勤務先と敬遠される職業

職業の格付けで、自分の仕事のランクが低かったらどうしよう…と、心配になると思います。しかし、どこの消費者金融でも貸付禁止業種は、主に暴力団、詐欺師など反社会的な職業や、旅人など実態が不明な職業となっており、全うな職業の方はこの項目だけを理由として融資を断られることはないようです。

重要なのは、審査の目的は「きちんと返済してくれるか?」ということですので、収入が安定していて、終身雇用の公務員が審査で有利なのは有名です。また、会社員の中では社会的な信頼があり、名前が知れている大手企業や上場企業などの正社員は公務員の次に有利と言われていますが、勤務先が零細企業や経営が不安定な企業だと、減点されてしまうことがあるようです。

また、雇用や収入が不安定なフリーター、日雇い労働者、自営業も減点となってしまうことが多いようですが、いずれもそれだけで融資不可能ということではありませんので、あきらめずに申し込んでみましょう。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.