消費者金融の裏側を知る 他社借入件数・金額と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 他社借入件数・金額と審査の関係

他社借入件数・金額と審査の関係

複数のキャッシング会社に申し込みできる?

例えば、現在借入をしているA社よりも、もっと良いサービスを提供しているB社があったら、そちらを利用したいということがあると思います。しかし、複数の消費者金融から借入を行なうことは何となく悪いことのような気がして、ためらったりしていませんか?

実は複数の消費者金融から借入を行なうことは悪いことでも何でもありません。
きちんと返済していれば、他社で借入していても審査には影響を及ぼさないことがほとんどです。ただし、会社によっては独自の規定があり審査に影響がある所も存在しているので、注意が必要です。

他社借入金額と審査の重要な関係

総量規制により、原則、年収の3分の1以上の借入が不可能となっていますが、年収の3分の1とは全ての借入の合計金額が年収の3分の1未満であるという意味です。

そのため、年収300万円の人の法律上の借入可能金額は100万円ですが、各消費者金融で100万円ずつ借りられるわけではなく、A社で50万円、B社で30万円既に借りていると、C社では残り20万円の中で融資可能金額を算出することになるのです。

つまり、借入件数が多くなると、それに比例して法律上の借入可能金額が少なくなっていくので、必然的に“他社借入金額が多い=借入可能金額の残りが少ない=希望通りの融資が受けられない”ということが起こってしまうのです。

しかし、法律上は何社から借りても問題ないので、借入件数があまり審査には影響を及ぼさないというのは事実です。そのため、もし、法律上の借入可能金額にまだ余裕があるなら、2件目、3件目の入会を控える必要はありません。

ただし、会社によっては独自の規定がある所も存在しているのでこの限り出ない場合もあります。しかも、複数の消費者金融から借入を行なうと、返済などの管理が複雑になってしまうので、返済計画を充分に立てて、上手に利用しましょう。

もちろん、総量規制の対象外の銀行ローンなどはこれに該当しませんので、申込を控える必要はありません。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.