消費者金融の裏側を知る 年収と審査の関係 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 年収と審査の関係

年収と審査の関係

年収と審査の重要な関係

2010年に賃金業法が改正され、総量規制が導入されたため、原則年収の3分の1以上の借入が不可能になりました。そのため、消費者金融や信販会社では年収の有無で貸付の可否や融資額を判断するようになったのです。

つまり、年収はキャッシングの審査では最重要項目と言っても過言ではありません。

総量規制は過剰な貸付を制限するだけではなく、多重債務を防止する目的も含んでいるため、現在の借入金額と融資希望額が年収の3分の1以下である必要があります。

自分がいくら借りられるのかは、【(年収/3)-現在の借入状況】という計算式で算出することができます。

例)年収300万円で既に10万円の借入がある人の場合…
(300万円/3)-10万円=100万円-10万円=90万円
つまり、あと90万円借り入れることができます。

収入面で審査が通るか心配な方は、一度この計算を行なってから申し込むと良いでしょう。

審査の方法

前出の計算式で自分が借りられる金額が算出できたかと思います。しかし、消費者金融で、この金額が全額借りられるわけではありません。先程の例で言うと、まだ90万円借入可能にも関わらず、90万円を1社から丸ごと借り入れることは難しいということです。

その理由として、消費者金融では、総量規制で決められている貸付可能額(法律的に貸し付け可能な金額)の範囲内で各社独自に決める貸付可能額を算出してと貸付額を決めているからです。

つまり、先程の例の計算で出した90万円は“法律上貸付可能な金額”ということになるので、実際に消費者金融からの融資額は90万円までの範囲で決められるということになります。

そのため、希望融資額が法律上貸付可能な金額の場合や消費者金融の審査結果が満たないこともあるでしょう。その場合は、総量規制の対象外である銀行のキャッシングサービスの利用を検討するのと良いかもしれません。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.