消費者金融の裏側を知る 消費者金融の利息を抑える方法 ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> 消費者金融の基礎知識 >> 消費者金融の利息を抑える方法

消費者金融の利息を抑える方法

総返済額を少なく済ませるなら前倒し返済

キャッシングをすると、必ず毎月やってくる返済日。

基本的にマメな方以外は、返済方法を口座引落にしているかと思います。では、ほとんどのキャッシング会社の返済方法に銀行振り込みやATMが利用できるのはなぜでしょうか。

世の中にはマメな人だらけなのかというと、そういうわけではなく、「毎月決められた返済額以上の金額を返済する場合には、いつでも好きなときに、好きな分だけ、好きなところから返済できる」ということなのです。

毎月決められた返済額以上の金額を返済することを前倒し返済と言います。前倒し返済を行なえば行なうほど元金が少なくなるため返済期間が短くなります。つまり、利息の支払いを少なくすることが可能になり、結果として毎月決められた金額だけを返済していた場合と比べて、総返済額が抑えられるのです。

この一石二鳥にも三鳥にも感じられる前倒し返済の最も素晴らしいところは、デメリットが全く存在しないところではないでしょうか。

そのため、臨時収入があったりやボーナスの際には積極的に利用ことをオススメしています。

年利を低くするなら借入限度額を上げよう

利息のページでも説明しましたが、キャッシングは大口の融資になればなるほど年利が低く設定されているのが一般的です。

そのため、年利を低く抑えたい方には借入限度額が大きいほうが、よりお得な年利でキャッシングすることができます。

では、借入限度額を大きくするためにはどうしたらよいのでしょうか?

一番簡単な方法は、契約時に借入限度額の申請をする際に、少し多めに限度額を設定することです。「必要な分だけキャッシングしたい」と思うと、なかなか難しいかもしれませんが、限度額まで借りる必要はありませんので、最初から多めの借入限度額で申し込むと良いでしょう。

ただし、あまりに多すぎると収入などの面から審査が通らないこともありますので、必要な分より1ランクアップくらいが丁度いいのではないでしょうか?

次に、借入後に借入限度額を上げる方法です。

予定通りに真面目に返済をしていると、キャッシング会社から融資額上乗せの営業電話がかかってくることがあります。「あなたは真面目に返済してくれているので、もっと借りてください」と、いったような意図かと思われます。

このような営業電話がかかってこなくても、予定通り返済していると借入限度額のアップの希望が通りやすくなるので、自らキャッシング会社に相談するという方法もあります。

年利を低く抑えたいならおまとめローン

借入限度額と話しが重複してしまいますが、複数の借入先からキャッシングしているなら、おまとめローンがオススメです。

1社ずつ借入を行なうと、少額の融資になってしまいがち。そのため、年利も比較的高くなりがちですが、おまとめローンを使って1本化すると、1社から大口の融資を受けていることになるので、年利も低く抑えることができます。

おまとめローンでは、大口融資可能なオリックス銀行、楽天銀行スーパーローンなどがオススメです。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.