消費者金融の裏側を知る 消費者金融とキャッシングを知る ~ 消費者金融なら俺に聞け!

消費者金融なら俺に聞け!
消費者金融なら俺に聞け! >> はじめての消費者金融 >> 消費者金融とキャッシングを知る

消費者金融とキャッシングを知る

キャッシングって何だろう?

「キャッシング=お金を借りること」というのは、漠然と知っていても、ローン、借入、融資…と、似たような単語がいっぱい出てくるので、なんだか混乱してしまいそうです。混乱しているうちに、お金を借りることがとても難しいことのように思えますが、実はとても単純です。

「お金を借りること」ということでは、キャッシングもローンはほぼ同義語と思ってかまわないでしょう。ここで説明するキャッシングやローンは特に、無担保で使用目的が定められていないものを指しています。

キャッシングやローンは当然ですが、無期限、無制限に借りられるわけではありません。
利用可能限度額が定められていて、決められた期日に定期的に返済をし、決められた期間内に返済が終わらなくてはなりません。そのため、キャッシングやローンには計画的な利用と返済が必要になります。

また、キャッシングやローンを申し込む際には返済能力を調べる審査が行なわれます。審査に通るとお金が借りられるようになります。お金を受け取ることを、融資を受けると言います。融資を受けたら、毎月決まった金額と決まった金利を、決まった日までに返します。

もし、決まったとおりに返済しないと、怖い人が取り立てに来ると思っている人もいると思いますが、それは一昔前の話で、最近ではまともな消費者金融では行なわれていません。約束をきちんと守って利用すれば、消費者金融は恐ろしいところでも何でもありません。

キャッシングの特長・メリット

キャッシングの最大の特長は「無担保で組めること」「利用目的が制限されないこと」の2つではないでしょうか。

担保とは、簡単に言うと「お金を返せなくなったときに返済の代わりをするもの」です。一般的には家や車など価値のあるものを担保にしたり、保証人を立てたりしますが、キャッシングにはその必要がありません。そのため、キャッシングでは資産価値があるものを持っていなくても、保証人を立てなくても融資を受けることができるのです。

お金を借りる場合には住宅ローンや学資ローンなど目的別で貸し出されるものもありますが、キャッシングサービスで借りたお金は基本的に何に使っても良いとされています。

最近のキャッシングはどんどん進化して、利便性もぐんぐんあがっています。申込は店舗の窓口だけではなく、インターネットや電話、などでも行えます。融資の申込、返済もインターネットバンキング、コンビニのATMが利用できるようになり、24時間可能なところも多くなっています。手軽に借りられるので、キャッシングはちょっと現金が必要な時には非常に便利なサービスなのです。

キャッシングの申込から返済まで

簡単、便利に入会申込ができるとはいえ、手順がわからないと不安ですよね。特に、初めてキャッシングをするときは誰でも緊張するものなので、一般的な手順をご紹介します。

申込

「融資を受けたい」ということを、金融機関に知らせるために行ないます。
申込方法はネットや郵送、窓口、電話など多数用意されているのが一般的です。人目に触れたくない方や遠方の方はネットや郵送、お急ぎの方は窓口や電話を利用すると良いでしょう。
申込の際には、身分証明書や書類が必要になります。会社によって異なることもあるので、事前に調べておきましょう。

審査

申込をすると、融資希望額と収入、返済能力などの調査が行なわれます。金融機関や会社が共有する、信用情報を照会したり、申込内容を調べたりします。

審査結果

金融機関によりますが、早ければその日の内に、遅くても2週間くらいで結果がわかります。審査通ると、融資を受けることができるようになります。

融資

自分の指定口座に振り込まれたり、ATMから引き出したりすることが多いようです。もちろん、窓口で受け取ることもできます。

返済

指定の日時までに返済分と利息分を返します。会社によっては返済日を指定することもできます。
返済方法はATMや口座への振込などがありますが、口座の自動引落が利用できるところもあるので、忘れっぽい人はこれを利用すると良いでしょう。

目的で選ぶ

会社で選ぶ

はじめての消費者金融

消費者金融の基礎知識

運営者情報 お問い合わせ Copyright © 2012 sirabeta.com All Rights Reserved.